学校紹介

   ホーム  >  学校紹介 [ 校長挨拶 ]   >  校長挨拶

校長挨拶

最終更新日 [2019年4月3日]  

 


 

校長 井之上 浩幸

 

ようこそ福岡県立香住丘高等学校ホームページを閲覧いただき、ありがとうございます。

 

本校は、昭和60年に、福岡県の公立高校では初めて英語コースを設けた普通科の学校として設立されました。平成6年には英語コースを英語科に改め、平成10年には数理コミュニケーションコースを設置するなど、常に時代の動きを先取りした教育を行ってまいりました。『玄海の海の如 広く 雄々しく 美しく』を校訓に掲げ、〔道・学・志〕を教育指針とし、「人間教育に主眼を置き、将来、国家、社会に貢献できる人材の育成」を目指しています。

〔道〕は○礼儀を重んじ、感性に富んだ心豊かな人間を育成する。

    ○伝統や文化を尊重し、国際理解・異文化理解を促進する。

〔学〕は○基礎基本を踏まえ、充実した授業内容により勉学意欲を高める。

        ○個性を生かす教育や進路に応じた的確な指導により、向上心を育て、

          学習習慣を確立する。

〔志〕は○規律ある生活の中で、責任感や連帯感を育て、強い意志力と自律心・

          自己教育力を培う。

        ○部活動等体育的文化的行事に積極的に取り組み、強靭な身体と不屈の

     精神を培う。

 

さて、平成30年度は第13回全国高校生英語ディベート大会出場(3年連続)をはじめ、全国高等学校生徒英作文コンテスト優秀賞と入選、福岡県高等学校英語弁論大会出場などを果たすことができました。また、文部科学省のSSH(スーパーサイエンスハイスクール)の指定を受け、今年で9年目を迎えました。生徒諸君は様々な研究に取り組み、学校内外で広く活躍し着実に成果を上げております。おかげをもちまして平成30年度にはSSH(スーパーサイエンスハイスクール)の中間評価で文部科学省から最高の評価をいただきました。大学入試結果においては、難関国公立大学希望者の増加に伴い、平成31年度は京都大学2名、大阪大学1名、東京外国語大学2名、神戸大学2名、九州大学21名が合格し、大変立派な結果を残してくれました。部活動においても、多くの生徒が県大会はもちろん、全国大会や九州大会に出場するなどまさしく「文武両道」を実践しており、本校が飛躍を遂げた1年でした。

また、本校ではグローバル社会に向けて、他の学校にはない2年次全員オーストラリア・シンガポール修学旅行を実施しています。このような特色ある学校行事を通して海外への関心を深め、将来国際社会で活躍するための土台作りに懸命に取り組んでいます。その結果グローバルな視点と広い視野等を身に付けることが可能になっています。

さらに、令和元年度にはトイレの改装工事が完結し、今まで以上に明るく綺麗で快適な生活環境が整った校舎になる予定です。

今後は、「新たな伝統校」として心身ともに逞しく高い知性と豊かな人間性を備えた生徒を育成すべく、全教職員一致団結して教育を展開し、魅力ある学校づくりを実践していく所存です。

どうか皆様方の本校教育への御理解と御支援の程よろしくお願い申し上げ、このホームページが皆様の本校に対する理解を深める一助になることを願っています。

 

※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
 「アドビリーダーダウンロードボタン」をクリックすると、アドビ社のホームページへ移動しますので、お持ちでない方は、手順に従ってダウンロードを行ってください。
アドビリーダーダウンロードボタン
(新しいウィンドウで表示)
 戻る ホーム
福岡県立香住丘高等学校〒813-0003福岡県福岡市東区香住ケ丘1-26-1
Tel:092-661-2171 Fax:092-673-1567
福岡県立香住丘高等学校
〒813-0003福岡県福岡市東区香住ケ丘1-26-1
Tel:092-661-2171  Fax:092-673-1567
Copyright@2012 福岡県立香住丘高等学校