数理コミュニケーションコース

   ホーム  >  数理コミュニケーションコース [ 数理コミュニケーションコース ]
 数理コミュニケーションコース

普通科 数理コミュニケーションコース

 

探究心や科学的思考力を深める理数系科目と英語のコミュニケーション能力養成科目を中心に学習し,国際的に科学の分野で活躍できる人材の養成をめざします。 

  • 求める生徒像

● 理系教科に興味を持ち,すでに理系大学の進学を考えている生徒

● 難関国公立大学の医・薬・工・理・農学部等の理系学部に進学を考えている生徒

● 理系であるが英語にも興味を持ち,国際的に活躍する研究者等を目指している生徒

 

通学区域・定員

● 福岡県内(県内全域)・40名(予定)

 

数理コミュニケーションコースのおもな特徴

普通科一般より専門性の高い理数系科目・英語学習を重視

大学入試に必須の数学・英語力を高めるきめ細やかな授業

 ● 数学は普通科より専門性の高い「理数数学」を履修

 ● 科学に関する専門的な英語を習得する「SS科学英語」を実施

 ● 1年次より英語プレゼンテーションの授業

 ● 探究活動を通して,科学的思考を育成する「SS科学探究」の実施

 ● 普通科一般では体験できないコース独自の行事

 

コース独自の行事と課題研究への取り組み

おもな行事

4,5月 環境科学探究講座(福岡女子大学)【2年次】

  7月 九州大学工学部(予定)または研究機関(予定)の研究者による出前講義

     SSH生徒研究発表会【3年次】

  8月 夏季研修旅行(山口大学理学部(予定)他)【1年次】

 10月 オープンスクール(中学生対象)

     秋季研修(九州工業大学工学部(予定))【1年次】

     東京・筑波研修(JAXA・KEK・東京大学工学部など(予定))【2年次・選抜】

 12月 冬季研修(九州大学工学部(予定))【1年次】

      九州大学(予定)の外国人研究者による英語出前講義

 

課題研究

【1年次】  

SS科学探究(1)

  ・おもにプレゼンテーションおよびポスター作製方法を学ぶ

【2~3年次】

SS科学探究(2)・(3)

  ・各自で研究テーマを設定し,研究活動を行う

    ⇒ 物理,化学,生物,数学の4領域から興味関心に合わせて選択

    ⇒ 個人または2~4名のグループ

    ⇒ 理科,数学科の教員1名につき1~3グループを担当    

  ・研究論文の作成(日本学生科学賞など)

 

卒業後の主な合格先

進学については,国公立難関理系大学および私立難関理系大学への進学を目標としています。

    

 

 

 

 ホーム
福岡県立香住丘高等学校〒813-0003福岡県福岡市東区香住ケ丘1-26-1
Tel:092-661-2171 Fax:092-673-1567